活動報告

 
  桐の木会 運動の会を開催しました

2018年1月28日(日)、大穂交流センター・和室にて、「体幹トレーニング」をテーマに運動の会 を開催しました。今回は、高橋先生から体幹を鍛えることの効果についての講義を受けた後、体幹トレーニングを行いました。講義では、インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝が高くなること、また、手と足だけでなく体の軸となる体幹を鍛えることで、転倒を予防する効果があることを学びました。実践では、フライングドッグやスクワットなどの運動を行い、インナーマッスルに良い刺激を送ることができました。室内でできる運動なので、季節を問わず継続していけて、とても実践的でした。

  桐の木会 調理実習を開催しました
 

927日(水)豊里交流センターにて「認知症予防」をテーマに調理実習を行いました。メニューは鮭缶のキャベツシュウマイ、トマトのさっぱり香味サラダ、小松菜のくるみ和え、ヨーグルトで合計553kcalです。今回は認知症予防に効果的な食材を使用し、刻んだりこねたりして手先を使う料理を作りました。調理後は認知症予防の食事についての講義を行いました。3ページ目で紹介した食品を上手に取り入れ、バランスの良い食事を心がけることや、日々の生活の中で脳を活性化する工夫等の話もありました。参加された患者さんの中には「こんな調理方法もあるんだ」という新たな発見や「普段料理はしないけど、家でも作ってみたい」という方もいらっしゃいました。

  桐の木会 ウォークラリーに参加しました

2017年6月4日(日)第22回茨城県糖尿病協会ウォークラリーが行われました。午前中は東京医科大学茨城医療センターにて『元気なうちに障害予防〜ポイントをおさえた運動の実践〜』『サルコぺニア〜原因と対策〜』の講演を聞き、運動の大切さを改めて学ぶことが出来ました。午後からは会場を霞ヶ浦総合公園へと移動し、クイズや輪投げ、ゲートボールなどの競技でウォークラリーの順位を競いました。残念ながら入賞することはできませんでしたが、当院からの参加者も多く、天気にも恵まれ、患者さんと一緒にお話をしながら歩いたり、輪投げ・ゲートボールで盛り上がったり、とても楽しい時間を過ごすことができました

  平成29年度桐の木会 総会を開催しました
 

5/14(日)平成29年度 桐の木会総会を行いました。昨年度の決算・活動報告、今年度の活動計画等について話合いました。その後、つくば市役所の職員による認知症サポート養成講座があり、認知症の病態・症状や、対応の仕方などを学び、認知症サポーターの証であるオレンジリングをいただきました。昼食は、飯村牛の赤身肉と認知症予防に良いとされる食品を使った、当院栄養士考案のお弁当(546Kcal)を美味しく頂きました。昼食後は学園の森の住宅エリアを30分程度(約3km)歩いて食後の運動をしました。

  第6回桐の木会 調理実習を開催しました
 

329日(水)豊里交流センターにて、「脂質を抑えた中華料理」をテーマに調理実習を行いました。今回は豚肉の変わりに大豆ミートを使い、揚げずに焼くことで脂質を抑えたメニューを考案しました。メニューは「大豆ミートの酢豚風」、「野菜の香り酢和え」、「もずくのスープ」、デザートには「ジンジャーミルクプリン」でご飯を含め5品で合計544kcalでした。調理後は管理栄養士が、「中華料理を食べる時のポイント」について講義を行いました。調理・素材選びの工夫や、外食時の中華料理の選び方、食べる順序について勉強しました。患者さんからは、中華料理は油っぽくて疎遠になりがちだったが、工夫次第で少量の油でも食べることが出来ることが分かった、大豆ミートを初めて食べたが美味しかったという感想を頂きました。

   
   
   
今後の予定
  次回桐の木会は平成30年5月13日(日)に総会,6月3日(日)ウォークラリーを予定しています。気軽にスタッフまでお問い合わせください。
 

過去の活動報告

・平成28年度活動報告
・平成27年度活動報告
・平成26年度活動報告
・平成25年度活動報告
 

・平成24年度活動報告

・平成23年度活動報告

 

 

 

  pdfファイルとして閲覧ができます。
上記のファイルを開くにはAdobe社より無料で提供されていますAcrobatReaderが必要となります。
 AcrobatReaderをインストールする場合はこちらをクリックして下さい。